プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PIXUS MG3130のカラーインク

PIXUS MG3130のカラーインクはBC-341、

大容量タイプがBC-341XL。

PIXUS MG3130のカラーインクでは、
BC-341と大容量タイプBC-341XLとの価格差は、
実売で600円弱だろうか?

PIXUS MG3130の黒インクの方では、
年賀状のときくらいしか使わないなら安い方で良いんじゃないか?
見たいな事を書いてしまったけれど、

手軽なカラーコピー機として使えるPIXUS MG3130の場合は、
大容量タイプを買っておく価値はあるかもしれない。


スポンサーサイト
[ 2012/05/22 20:01 ] 消耗品(その他) | TB(0) | CM(8)

PIXUS MG3130の黒インクはBC-340

PIXUS MG3130の黒インクは、BC-340。


大容量の方がBC-340XLで、

実売価格で700円ぐらいの差があるんだけれども、
BC-340XLの“大容量”って、実際BC-340に比べて
どのくらいたくさん入っているんだろうか?

年に1回、年賀状のときにしか使わないようなら、
BC-340で足りるかもしれないね。

[ 2012/05/22 07:24 ] 詰め替えインク | TB(0) | CM(0)

ブラザーLC10互換インクの安いやつ


レビューを書けば送料無料なの。
送金手数料を除けば、ざっとで1本188円。
メール便だから注文して届くまでに3~4日かかるけれども、
そのくらい待てるんだったら“買い”ですよ。

もちろん、問題なく使えています。
対応機種は、以下の通り。
MFC-880CDN/CDWN MFC-870CDN/CDWN MFC-860CDN MFC-850CDN/CDWN
MFC-650CD/CDW MFC-630CD/CDW MFC-480CN MFC-460CN
DCP-750CN DCP-350C DCP-330C DCP-155C

PIXUS MG3130

これで実売7000円以下だってんだから吃驚の低価格だよね。


地元のヤマダ電機店頭だと¥6980(税込み)位かな?


[ 2012/05/03 13:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ダイソーのCanon用互換インクを開封してみた。

昨日の記事「ダイソーの新商品?詰め替え可能な互換インク」の続きです。

090506_140756.jpg 
開封してみましたが、基本形状は7eも3eも変化はありません。

090506_140722.jpg 
金型流用で安上がりにするためでしょうか?3e用にもICチップのための凹が見られます。

一見、「ノンスポンジタイプなのか?」と思えなくも無いのですが、
090506_141528.jpg 
インク出口と同じ径のパイがタンク内部まで伸びており、そこの部分だけにスポンジ(ウレタン)らしきものが入っています。↓
090506_141657.jpg 
このあたりの構造は、最近量販店などでも見かける互換インクと似通っています。ピンク色のシーソーみたいなレバーを押し込む事で、デッパリが空気穴のフィルムを破って通気されるようになっています。

090506_142015.jpg  ピンクのレバーを外して見るとこんな感じ。

090506_142506.jpg タンクの底近くに刻まれた溝がお分かりになるでしょうか?どうやらここを通ってパイプ中のスポンジに供給されるようです。いたってシンプルな構造ですが、実用性はどうなんでしょ?近日中に検証したいと思います。

[ 2009/05/08 19:11 ] 互換インク(Canon) | TB(1) | CM(3)

ダイソーの新商品?詰め替え可能な互換インク

daiso_canon.jpg
 先日、ほかの用事でダイソーへ行ったら、こんなものを発見してしまいました。

「詰め替え可能な互換インク」です。EPSON用とCanon用がありましたが、今回はCanon用のみ購入。3e互換と7e互換で、7e互換にはICチップが付いています。

 実機に装着しての試験はまた後日。

 価格は、。EPSON用・Canon用ともに1本あたり¥525。

[ 2009/05/07 23:29 ] 互換インク(Canon) | TB(0) | CM(0)

プリントヘッドの販売を中止:CANON

2009年2月7日以降ヘッドの販売は終了させていただきます (関東シーエス)
http://www.kantocs.co.jp/03parts/index.html

 最近楽天やyahoo!ショッピングでCANON用のプリントヘッドを見かけなくなったorあっても非常識なほど高くなったのですが、一般向けの販売が中止されていました。

 メーカーは、機械の販売終了後も保守部品として7年間部品を保有しなければならない義務があるため、プリントヘッドは現在でも入手は可能です。一部販売店では、2月10日にプリントヘッドの一般向け販売が正式に中止されてからも、“修理部品”として仕入れたものをWeb販売してくださっていましたが、3月末~4月初にこうした販売店に「即刻中止する旨」の指導が入ったようです。

 以前プリントヘッドを買ったことのある販売店に問い合わせをしてみれば、個別に対応してくれるかもしれません。

(もう少し欠きたいことがあるのだけれど、また後でね。)

[ 2009/04/10 09:42 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

思うところがあって、更新が止まっています。

最後に更新してから、既に4ヶ月が経とうとしています。

タイトルにも書いたとおり、思うところがあって更新が止まってしまっています。

7月に入るまでは、こっち方面に配分するエネルギーが、常に不足している状態にあるかもしれない。

多かれ少なかれ、方向転換は必須のようなので、いまさらだけれども「お休み宣言」
[ 2008/05/29 12:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

連続供給装置を使う際の一般的な注意事項(その1)

取り急ぎ要点のみ。

夏冬など昼夜の室温の差が10℃以上になる場合で、外部インクタンクの内容量が3分の2以下になっていると、以下のようなトラブルが発生します。

1.吸気パイプをインクが逆流してきて、フィルター取り付け部などからインク漏れが発生する。

2.印刷時に用紙へのインクのボタ落ちが発生する。あるいは、プリントヘッド吐出面へのインク溜りが発生して印字不良になる。

 これらはいずれも、外部インクタンク内の空気が収縮⇒膨張することによって発生するトラブルで、構造上避けられないものです。夏場においては、外部インクタンクに直射日光が当たらないようにすることや、昼間換気をこまめにしていただくことである程度予防できますが、冬場における深夜~早朝における冷え込みと暖房時の室温差は如何ともしがたいものがあります。

 室温が下がって外部タンク内の空気が収縮した場合には吸気パイプからタンク内へと空気が流入するわけですが、この状態から室温が上がったらインクが吸気パイプ内を押し上げられていくことになります。

 また、外部タンク内の圧力が高い状態で印刷を開始すると、通常よりも大量のインクがヘッドへ向かって流れるわけですので、インクのボタ落ちやインク溜りによる印字不良の原因となります。

 現時点で有効な対策としては、外部インクタンク内をほぼ満タン状態に保てるようこまめに補充していただくか、逆に吸気パイプよりも液面が下になるようにインクを減らしておいていただくかのどちらかです。

 後日、できたら図入りの説明を掲載したいと思います。

連続供給装置対応可能:iP3500/iP4500/MP610

 あるお客様の協力を得て、連続供給装置のiP3500/iP4500・MP610への対応が確認できました。

 いずれの機種も、内部レイアウトは先代P3300/iP4300/MP600とほとんど変更ありません。プリントヘッドの改良等はあるものの、基本的に筐体デザイン変更程度のマイナーチェンジなんですね。


 いつまで続くのかは保証の限りではありませんが、今のところiP4300/MP600の最安値はAmazonのようです。AmazonではiP3500とiP4500に価格差がほとんどないので、現状でiP3500を選択する利点があるかどうか微妙ですが、iP3500についてはAfrecceエーフレッチェ楽天市場やECカレントでは¥1000~¥1500程度安いものもあるようです。

 肝心の連続供給装置ですが、一部に設計変更の必要が出てiP4300用などが販売休止になっています。年明けには販売再開できるように改良に励んでいますが、取り付け説明書の作成がもう少しかかりそうです。

 連続供給装置のご注文は・お問い合わせは、メールフォームからお願いします。
[ 2007/12/28 13:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。