未分類 プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > カテゴリー - 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FC2トラックバックテーマ:第160回「ブログを続けるためのヒケツ」

 ブログを続けるためのヒケツというか、書くネタは当分尽きることは無いでしょう。てか、ライターさんが欲しいくらい。機種・メーカー別にそろえて比較するべきデータは山のように、あるいは星の数ほどあるんです。正直に言って、860i専門とか、特化したサイトを立ててくれる人がいればありがたいと思います。

 自分ひとりでやらなきゃならないなんて、マジ大変。






スポンサーサイト
[ 2006/11/26 22:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エコロジーと経済性とリサイクルと

komachanさんの【駒ヶ根に想う】 駒ヶ根から社会を理解すると言うブログに、

■[温暖化防止]・トレーのリサイクル映像を見て

と言う記事がありました。リサイクルつながりで少々。

 本音を打ち明けてしまうと、寒鰤庵個人としてはプリンターメーカーの主張するところのいわゆる「マテリアルリサイクル」はおろか、大手サプライメーカーなどによる「リサイクルインク」の販売にも疑問を持っています。前者はともかく後者に疑問を持つのはなぜ?と思われるかもしれません。

 理由は、「リサイクル工程上で、新品製造時を上回る資源・エネルギーが浪費されている可能性が否定できないから」です。Canonとリサイクルアシストの訴訟に関する報道の中で、「使用済みインクタンクを海外に輸出し、リサイクルして再輸入」と言った趣旨のものがありました。冒頭で紹介したリンク先の記事中にもありますように、「僅かの石油資源の節約のために、それ以外の大量の資源とエネルギーが使われている様では本末転倒」だからです。

 プリンターサプライと言う分野で、極力余分な資源やエネルギーを消費せずに使用済み品を再利用する方法は、DIYによる個人単位での詰め替えと言うことになります。番外として、いっそのこと外部にインクタンクを設けて連続供給化してしまえば、「消費されていくのはインクだけ」というある意味理想的な状態になります。

 ただし、どちらにしても導入当初から100%安定した運用が出来るとは保証しがたい部分は残ります。ある程度の初期トラブルは許容できるだけの度量と、それなりのスキルも要求されます。

 使用済みインクタンクの回収とリサイクル品の販売大いに結構なんですが、エコロジーと言う観点からより高い効果を望むなら、伊那谷なら伊那谷といった狭い範囲に絞って閉鎖循環系(クローズドサイクル)を立ち上げる必要があります。都心部のような大都会ではないからこそ、不可能ではないと思っているのですが、具体的な話をし始めると本サイトの趣旨から外れていきますし、ビジネスモデルとして目処が立たないうちにぶち上げてしまうと社の利益にも反するので、この方面に関しては近日中に別のサイトを立ち上げます。

 最後に、1月16日のTBS「筑紫哲也 NEWS23」にゴア元副大統領が出演した際の発言を紹介して締めたいと思います。

電球を省エネタイプに替えるという話をしている際に出たお客の質問:
『この問題を解決するには大きな変化が必要じゃないんですか?』

ゴアの答え:
『人間、社会の大きな変化が必要だとか思うと、何もしなくなってしまう。だから、走り出す前に、歩いてみよう 』

参考リンク - http://d.hatena.ne.jp/komachan/20070112/p1




[ 2007/01/25 00:11 ] 未分類 | TB(1) | CM(1)

ユーザーレポートのあり方

プリンター関係の記事を探していくと、

非純正・社外のサプライを使って

「これはいいよ、お奨めだよ」

と言う記事の場合は、たいていプリンターのメーカー・機種、互換品・汎用品や詰め替えインクのメーカー・品名などが明記されています。場合によっては買ったお店まで紹介されていることもあります。

逆に、

「トラブル発生、プリンタ壊した、損をした」

と言う記事の場合は、はっきりと書かれていないことがほとんどですね。なにか、公に出来ない理由でもお持ちでしょうか?

5W1Hの明確でない話と言うのは,所詮うわさ話レベルでしかありません。

トラブルがあった際に、正規の手続きでサポートを受けたにもかかわらずろくでもない結果しか得られなかったとします。それを記事にする場合に、“どのメーカーの”“どの製品を”“どのプリンターで使った”と言う部分をぼかして書くことに何か価値があるんでしょうか?

たとえば学術論文の世界では、実験結果を他の人が追試験をして確認できる様に書かれていないと、その価値を認めてもらえません。

「結果どうなったのか」だけを強調するのは、物証を提示したくてもできないからではないかと勘繰られても致し方ありませんね。対象の特定をしにくくしているのは、「社外品・非純正品」に対するマイナスイメージを広めようとしているようにも受け止められます。

 「トラブルがあった、プリンタ壊した」が本当であれば、物証を添えて公開することのほうが読む人の利益につながります。それで名誉毀損になるとは考えにくいのですが如何?

匿名の個人レベルとはいえ、記事の書き方ひとつでサイト全体の信用度を左右しますよ?

包括的な話になりますが、マスゴミと同じことをやっていたらいつまで経っても改善はされんとですよ。





[ 2007/01/31 12:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

PM-G850最凶伝説?

 昨晩、次の日曜日に予定しているサポートで使う無線LANセットを調達にヤマダ電機へ行ったんです。そうしたら、PM-G730が箱で積まれていて、PM-G850は展示品すらなかったりしました。フロア長がレジに居たので、お会計を兼ねて話を聞いたら、「EPSONが持って帰った」とのこと。

 やっぱり、↓や、
エプソン カラリオ PM-G850 ご愛用のお客様へ

エプソン Photo Fine Player P-2500 ウイルス混入に関するお知らせ
↑が関係してるんだろうねぇ。もっとも、フロア長曰く

[ 2007/03/09 18:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

HP PS3210a レポート (予告)

更新しておかないと広告が入るので、取り合えず予告だけ。
思いがけずPS3210aが手に入ったので、連続供給装置を手配して検証。



と思ったら速攻紙詰まりで壊したりして・・・。

・・・BK出ない・・・。
[ 2007/11/27 10:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

連続供給装置対応可能:iP3500/iP4500/MP610

 あるお客様の協力を得て、連続供給装置のiP3500/iP4500・MP610への対応が確認できました。

 いずれの機種も、内部レイアウトは先代P3300/iP4300/MP600とほとんど変更ありません。プリントヘッドの改良等はあるものの、基本的に筐体デザイン変更程度のマイナーチェンジなんですね。


 いつまで続くのかは保証の限りではありませんが、今のところiP4300/MP600の最安値はAmazonのようです。AmazonではiP3500とiP4500に価格差がほとんどないので、現状でiP3500を選択する利点があるかどうか微妙ですが、iP3500についてはAfrecceエーフレッチェ楽天市場やECカレントでは¥1000~¥1500程度安いものもあるようです。

 肝心の連続供給装置ですが、一部に設計変更の必要が出てiP4300用などが販売休止になっています。年明けには販売再開できるように改良に励んでいますが、取り付け説明書の作成がもう少しかかりそうです。

 連続供給装置のご注文は・お問い合わせは、メールフォームからお願いします。
[ 2007/12/28 13:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

思うところがあって、更新が止まっています。

最後に更新してから、既に4ヶ月が経とうとしています。

タイトルにも書いたとおり、思うところがあって更新が止まってしまっています。

7月に入るまでは、こっち方面に配分するエネルギーが、常に不足している状態にあるかもしれない。

多かれ少なかれ、方向転換は必須のようなので、いまさらだけれども「お休み宣言」
[ 2008/05/29 12:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

PIXUS MG3130

これで実売7000円以下だってんだから吃驚の低価格だよね。


地元のヤマダ電機店頭だと¥6980(税込み)位かな?


[ 2012/05/03 13:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。