ニュース プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > カテゴリー - ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エプソン、今年の新型は当分の間純正インクしか使えません。

 9月26日に発表されたエプソンの新型プリンター・複合機、同時にインクカートリッジも新型になっています(IC46/47/50)。この新型カートリッジ、ICチップがこれまでの7端子から9端子に変更されていて、既存のチップリセッターではインク残量情報の書き換えが出来ないようになっています。つまりは、当分の間は詰め替えも出来ないし互換カートリッジも作れない。

 「消耗品で利益を上げる」というビジネスモデルを否定するつもりもないし、どんな商売をしようと売る側の自由なんですがね。私たちのように事務系の業務でプリンターを使っていて、しかも日々結構な枚数を印刷するものからすると、プリンターメーカーの提示するランニングコストでは経費的な許容範囲を超えることも多いんです。
 今度の新型で追加された新機能とかは事務仕事や提出用現場写真とかの印刷ではほとんど用がないし、プリンターが不調になっても修理して旧機種を使い続ける事が多くなるでしょうね。




スポンサーサイト
[ 2006/11/05 11:05 ] ニュース | TB(1) | CM(1)

中古プリンターの市場相場が上昇しています。

 CanonやEPSONの最近のプリンターで互換品や詰め替えインクが使いにくくなったり、事実上使えなくなったりしていることを受けて、Yahooオークションなどでの中古プリンター相場が値上がりしています。

 Canonでは860i/960iiP3100/iP4100といったインクタンクにICチップが付く以前の機種。EPSONではPX-A650やPM-G820などの2005年秋発表・発売までの機種。送料や送金手数料を考慮すると、それらの後継機種の新品を量販店で購入するよりも高くつくことが多くなっています。インクの詰め替えや互換インクの使用でランニングコストを節約したい人にとっては貴重な存在なので、無理もないといえば無理もありません。私個人としても、その気持ちは良くわかります。

 ただ、「安くて程度のいいプリンターがほしいから、ネットで何か探してよ」みたいなことをいわれたときに困ってしまうんですよ。こういう人たちって、中古は新品よりも安い物だって思い込んでますし、最初っから詰め替え前提でくることが多いですからねぇ。もっとも、自社で詰め替えサービスをやってるからでもあるんですが。

 思い込みの力というの侮れないものです。相場的な理屈は理解できても感情的な面では収まりをつけていただけないようですね。もっとも、CanonやEPSONのプリンターで発生するトラブルの傾向と対策は大体つかめているので、ジャンク扱い品でも出品説明を読めば手に負える範囲かどうかやどうすれば治せそうかはおおよそ見当が付くようになりました。だから、ジャンク品を狙って落札し、修理して安く納品なんてことも良くあります。もっとも、目測を誤ってはずれを引いて、結局手間代が出ないなんてこともたまにありますが(苦笑





[ 2006/11/14 08:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

お知らせします!エプソンの新型インクカ-トリッジ(IC50)に関する驚愕の事実

10月に発売になったEPSONの新型プリンター/複合機を購入した、あるいは購入しようかと迷われているあなたに驚愕の新事実をお届けします。

詳細については、ダイコーインクジェットプリンター詰め替えインク開発日記さんのこちらのエントリーをごらんいただくとして↓
EPSON新型カートリッジ大解剖(分解と解析)

重要部分を要約させていただくと、

「ブラック/シアン/マゼンタ/イエローとライトシアン/ライトマゼンタのインクの内容量と内部の構造が違う」

と言うのです。容積比から見て、BK/C/M/YはLC/LMの60~70%程度しかインクが入っていません。ところが、
[ 2006/11/20 19:35 ] ニュース | TB(2) | CM(0)

HP インクジェットプリンタ 「最新HP オールインワン・プリンタに買替えよう!」キャンペーン

日本HPオンラインストアHP Directplusこんなキャンペーンを始めました↓


プリントサンプルプレゼントはともかくとして、

最大¥3000キャッシュバック下取り

とか、

30日間使ってみて気に入らなかったら、返品すれば品代が帰ってくる

30日間お試しキャンペーン

とかは、
太っ腹というか、オットコ前というか、

エプソンのPX-G900などが発売されたころ、一部販売店で似たようなキャンペーンをやったことがありました。しかし、メーカー直販でこんなキャンペーンをやったのを私は見たことがないんですがどうでしょうか。

シェア拡大にかけるHpの意気込みが窺えようというものです。



ブログランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/12/01 17:14 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

屈辱的な開発?エプソン製「再生インクカートリッジ」5月にテスト販売

CNET Japanによると、昨日2月15日セイコーエプソンは、新品の純正インクカートリッジと同等の性能を持つ「再生インクカートリッジ」を開発したと発表しました。また5月上旬から、開発した再生インクカートリッジをエプソン販売の直販サイト「エプソンOAサプライ」で発売し、再生カードリッジのリサイクル体制などを検証すると発表されています。

エプソン・ニュースリリース

 この件について、ITmedia NewsAKIBA PC Hotline!などによると、
@販売価格は純正新品と同程度を予定
@対象インクカートリッジはIC-32
ということです。

この、使用済みのインクカートリッジにインクを再充填して再利用できるというのが単に「エプソンによるエプソン用のリサイクルカートリッジ」であるのか、「ユーザー側で詰め直しが出来るカートリッジ」なのかイマイチ不明確なんですが、
[ 2007/02/16 17:01 ] ニュース | TB(3) | CM(2)

PM-G730が再販売・PX-V630は販売継続。

 昨年のモデルチェンジでカタログからその姿を消し、生産終了となったはずのPM-G730を量販店店頭で見かけたことはありませんか?だいたい¥10,000を切る位の価格で並ぶので、購入された方も居られるのではないでしょうか。

 実は、PM-G730は生産が再開されているんだそうです。同様に、一時丸っきりの品薄で“生産終了か?”と思われたPX-V630も生産は継続されているようです。懇意にしているヤマダ電機のフロア長(昇進オメデトウ)いわく、「エプソンはPX-V630をあまり売りたがっていない」んだそうで。それに代わる商材と言うような意味もあってか、PM-G730が供給されることがあるけれども、潤沢に供給されているわけではないということでした。ついでに言うと、カタログに再掲載するつもりは無いらしい。

 この件について話を聞いたのは、2月中旬にある人からせがまれて筆休めの最新版を探しに言ったときのこと。ちょうど売り切れちゃった後だったし、その後地元では入荷が無いから“ふ~ん”で済ませちゃったのだけれど、よそで話題になってるみたいだからエントリーにしておこうかと思ってみたり。ただ、
[ 2007/03/02 19:16 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

互換インクカートリッジの自社販売を始めました。

Yahooオークションに出品したり、試験的にFC2カートを開設したりはしてきましたが、この度Color Me Shop! proにて、本格的にオンラインショップを構築する運びとなりました。





 なぜここを選んだかというと、
[ 2007/04/13 12:04 ] ニュース | TB(1) | CM(0)

プリントヘッドの販売を中止:CANON

2009年2月7日以降ヘッドの販売は終了させていただきます (関東シーエス)
http://www.kantocs.co.jp/03parts/index.html

 最近楽天やyahoo!ショッピングでCANON用のプリントヘッドを見かけなくなったorあっても非常識なほど高くなったのですが、一般向けの販売が中止されていました。

 メーカーは、機械の販売終了後も保守部品として7年間部品を保有しなければならない義務があるため、プリントヘッドは現在でも入手は可能です。一部販売店では、2月10日にプリントヘッドの一般向け販売が正式に中止されてからも、“修理部品”として仕入れたものをWeb販売してくださっていましたが、3月末~4月初にこうした販売店に「即刻中止する旨」の指導が入ったようです。

 以前プリントヘッドを買ったことのある販売店に問い合わせをしてみれば、個別に対応してくれるかもしれません。

(もう少し欠きたいことがあるのだけれど、また後でね。)

[ 2009/04/10 09:42 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。