リサイクルインク(Canon) プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > カテゴリー - リサイクルインク(Canon)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リサイクルインクJti製BCI-24互換の実力は?

 Jit製リサイクルインクBCI-24互換品が入荷しましたので、PIXUS 470PDにて試験をいたしました。
PIXUS470PD 試験機 PIXUS 470PD。ほとんど未使用の品ですが、展示品だったので筐体は日焼けしています。POPシールを剥がした所だけきれいなのはご愛嬌(笑

パッケージと中身はこんな感じ。
Jit製BCI-24BK互換品 Jit製BCI-24CL互換品 BCI-24のテッペン ご丁寧にテッペンの空気穴にシールが貼ってあります。

JitBCI24in470PD.JPG 470PDに装着したところ。

JitBCI24test.JPG JitBCI24test2.JPG JitBCI24test3.JPG
左から、ノズルチェックパターン/テストページプリント/ヤフオクを印刷してみたの図。
 写真があまりきれいでないのはしばらくの間勘弁しといてください。もともと入っていた純正品で印刷状態を確認した後、特に何もせずJit製に取り替えただけです。飾屋さんのところのテストパターンで一通りチェックした後、上記3枚の写真撮影。そのまま470PDの試験を兼ねて数日間、業務日報や請求書・見積書、提出資料用のWebプリントなどに使ってみました。その結果でもほぼ全く問題は起きていません。純正品ではないからという理由で
スポンサーサイト

キヤノンユーザーに朗報?BCI-7e/BCI-9BK完全対応リサイクルカートリッジ

ジット株式会社と、株式会社エコリカから、CanonのBCI-7e/BCI-9BK完全対応を謳ったリサイクルインクカートリッジが発売になっています。

ジット株式会社からは、ダイレクトショップの掲示を見る限り昨年10月16日にJIT-C09BJIT-C07Eが、







 株式会社エコリカからは、2006年11月10日にBCI-7e(ブラック・シアン・マゼンタ・イエロー) + BCI-9BK(ブラック) リサイクルインク<限定お買得パック5個入>ECI-CAMP500/BOX


が発売になっています。

 どちらのメーカーも、特に大々的なアナウンスは無かったんじゃないかと思います。恥ずかしながら、昨年末に地元のヤマダ電機でECI-CAMP500/BOXを発見して初めて知ったくらいでした。価格的な面(コストパフォーマンス)や実際に使用してみてのレポートは回を改めさせていただくとして、とりあえずご自分のプリンター/複合機で使用できるかお知りになりたい方は続きから↓

話題の?ECI-CAMP500/BOXを使ってみた。

さて、昨日のエントリーで書いたとおりに
エコリカ製リサイクルインクECI-CAMP500/BOX

の試用レポートです。

エコリカ7e+9リサイクルインク 箱から出すとこんな感じ。


エコリカ7e+9装着直前 ビニールを破ってL字型クリップを外すとこうなってます。まぁ、純正カートリッジをリサイクルしてるわけだから違っていたら変ですが。


iP7500フタを開けた iP7500のフタを開けてみました。今装着されているのは全て純正品なので、当然ですが識別ランプは全部点灯しています。


ECI-CAMP500in7500 BCI-9BK・7eBK/C/M/YをECI-CAMP500/BOXと交換しました。「ICチップ完全対応」を謳っているだけあって、識別ランプは全て点灯しています。

iP7500でエコリカを使ったときのステータスモニタ ステータスモニターで確認しても、インク残量はちゃんと認識されています。この状態で30枚ほどの年賀状印刷をしましたが問題は発生していません。この類のリサイクルインクでは、顔料インクであるはずの3e/9BKが染料インクで再充填されていることが良くありますが、ECI-CAMP500/BOXではきちんと顔料インクでリサイクルされています。取り急ぎ、装着レポートのみ。価格面とかの考察は、回を改めて掲載します。




リサイクルインクのコストパフォーマンス(ECI-CAMP500/BOX の場合)

BCI-7e・BCI-9BKを使用するプリンターをお持ちの皆様、お待たせしました。だいぶ日が経ってしまいましたが、エコリカ製リサイクルインクECI-CAMP500/BOX

のコストパフォーマンスについて検証してみます。・・・そこのあなた、お願いだから誰も待っていないなんて寂しい事を言わないで。
販売価格は概ね¥3980。ただ、年末以来地元の店頭には1個も並んどらんのはなんだかな(藁

 対抗する純正インクは、BCI-7e4色マルチパック(BK/M/C/Y)BCI-9BK1本。


BCI-7e4色マルチパック(BK/M/C/Y) の店頭価格が、地元では平均して¥4000弱なので、


BCI-9BK1本分の店頭価格¥1500前後位は安くなっていることになりますね。大まかな計算ですが、その差、約3割。

 純正品と、ECI-CAMP500/BOX を、品代以外は同じ条件で購入できるのであれば、「買い」だと思います。そのあたりについては、また後ほど。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。