MJ-830CとCL-7**(カラリオライト)シリーズと プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > MJ-830CとCL-7**(カラリオライト)シリーズとホーム > 消耗品(その他) > MJ-830CとCL-7**(カラリオライト)シリーズと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MJ-830CとCL-7**(カラリオライト)シリーズと

 その昔、エプソンMJ-830Cと言うプリンターがありました。このころまでのプリンターの方が頑丈に出来ていて、実際今でも使い続けられている方がたまに居られたりします。エプソンのサイトでは、消耗品が今でも発売中になっています。

MJIC7 インクカートリッジ ブラック  1,500 円 販売中
MJIC8C インクカートリッジ カラー  2,800 円 販売中


 かつて、カラリオライトというシリーズのプリンターがありました。モデル名はCL-700/CL-750/CL-760。4色インク機なのにランニングコストも余りよくなく、電源スイッチがないのでON/OFFはコンセントの抜き差しでするとか、お世辞にもきれいとは言い難い印刷上がりなどのため、あまり高い評価は得られなかったシリーズでした。エプソン版使い捨てプリンターなどと酷評されたこともあったくらい。こちらも消耗品の販売は継続されています。

CL-700/CL-750
IC1BK08 インクカートリッジ ブラック  1,500 円 販売中
IC3CL08 インクカートリッジ カラー  1,500 円 販売中

CL-760
ICBK28 インクカートリッジ ブラック  1,500 円 販売中
ICCL28 インクカートリッジ カラー  1,500 円 販売中


 形状・寸法で比較する限り、MJIC7の金型を改造してIC1BK08/ICBK28をつくったことが窺えます。同様に、MJIC8Cの金型改修でIC3CL08やICCL28が作られたことがわかります。どちらも既に過去の機種ですので今更な面が強いのですが、よろしければ今しばらくお付き合いください。
 ちょっと首を傾げてしまうことがひとつあります。IC3CL08やICCL28が1,500 円で販売出来るようになったのであれば、MJIC8Cも1,500 円に価格改定したって良かったのではないかな?と言うことです。もっとも、買換え促進を図る意図が含まれているかもしれません。

 カラリオライトシリーズにMJIC8Cを装着することは、カートリッジホルダーの形状変更のために物理的に不可能になっています。しかし、MJ-830CにIC3CL08やICCL28を装着することは可能です。以前実験してみましたが、印刷等にも特に問題は発生しませんでした。特にICCL28はチップ付カートリッジになった関係でインク出口に弁があるので、詰め替えをしてインクコストを下げたいような場合は重宝します。また、値段は変わりませんがICBK28もMJIC7の代わりに出来、インク出口の弁もあるので詰め替えは容易になります。

 今もまだMJ-830を使い続けている方が居られたら、参考までに。





[ 2006/11/17 12:10 ] 消耗品(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。