詰め替えノウハウ:EPSON PM-730C プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > 詰め替えノウハウ:EPSON PM-730Cホーム > 詰め替えノウハウ > 詰め替えノウハウ:EPSON PM-730C

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

詰め替えノウハウ:EPSON PM-730C

 EPSONのPM-730C(インクはIC1BK13/IC5CL13)あたりのプリンター、販売台数も多い方だったので、今でも使い続けられている方が結構いらっしゃいます。今回は、PM-730Cなど、IC1BK13/IC5CL13のインクカートリッジを使用するプリンターをお持ちのあなたにお送りする詰め替えノウハウです。

 データなどを添えた詳細な、いわゆる濃いお話はいずれサイトの方に掲載させていただくとして、ここでは必要な道具材料及び過去Webで紹介された手順へのリンクなどの紹介に留めておきます。

 独立型ではないインクを使用するエプソン製プリンターに共通することでもありますが、安心してお勧めできる詰め替え方法はいわゆる「減圧式・真空ポンプ式」と言われる方法です。
 減圧式での詰め替え手順はこちら。PM-730Cなどの場合は、インク出口に弁があるのでインク出口のシール貼りは必要ありません。その代わり、インク残量カウントをしているチップのリセットをする必要があります。

 まず必要となる道具は、下記の3点。

・減圧式用のインク注入容器
・チップリセッター
・補充用ボトルインク

 減圧式用のインク注入容器については、最近発売になったink77やダイコーの道具も使ってみました。ですが、昔からあるゼネラル製のものが一番使いやすいと言うのが正直な感想です。数年前までは家電量販店やホームセンターで販売されていましたが、最近店頭に並んでいる様子を見かけなくなりました。流通元としては、株式会社アーベルなどから供給されているようです。

 ゼネラル製との表記はありませんが、下記リンク先で購入できる品も同じものです。

【楽天市場】詰替インク:激安インク専門店 いろどり館




 チップリセッターについては、PM-740C/PM-740DUで使うことを考えなければ上記のいろどり館で購入できるものでも良いでしょう。PM-740C/PM-740DUや独立型のインクカートリッジでも使用することを考えるのであれば、ダイコーやmink77でボトルインクと一緒に購入しておくことをお勧めします。

商品名:ICチップ初期化キット ALL IN ONE




 補充用ボトルインクについては、各色100mlくらいのセットから始めるのがよろしいのではないかと思います。

EPSON用詰め替え補充インク-染料 内容量:100ml








[ 2006/11/19 15:03 ] 詰め替えノウハウ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。