インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる  プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる ホーム > 訴訟・裁判関係 > インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる

使用済みインクカートリッジにインクを再充填して、商品として販売している会社があります。
その会社をプリンターメーカーが裁判に訴えていました。
今回の判決では、プリンターメーカーであるエプソンの敗訴となりました。

簡単にまとめるとこういう話です。

エコリカのコメントはこちら⇒セイコーエプソン対エコリカの侵害差止等請求事件判決について

 エプソンが知財高裁に控訴しているので、まだ確定しているわけではありません。
 なぜ訴えるかというと、プリンターメーカーは消耗品で利益を上げているので、リサイクル品や汎用品・互換品を安く売られるとうまみが減ってしまうから。
 また「なぜ特許権侵害で訴えてるの?」という、論点が違うんじゃないの?という声も聞かれますが、そこしか訴えられるところがないからなんですね。

 今のところ、消耗品のリサイクルを禁止したり互換品の製造販売を差し止めたりする根拠になる法律はありません。それどころか、そんなことを試みれば独占禁止法違反で処罰されてしまいます。
 一方で製造に関しては各メーカーとも特許を持っている事が多く、特許権の有効期間内であれば特許技術の使用を禁止することも使用料を請求することも出来ます。
 だから、社外品のインクカートリッジは製造技術に関する特許権を侵害しているという理由で製造・販売の差し止めを要求しているわけなんです。





[ 2006/11/03 11:55 ] 訴訟・裁判関係 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://inkmiyax.blog81.fc2.com/tb.php/2-c1a0f67e

一昨日の従来技術、昨日のキャノン特許発明の説明に引き続き、本日は、キャノン特許発明の液体収納容器を再生使用することによって特許権の消尽はどうなるのか、知財高裁大合議判決を検討します。なお、キャノンの本件特許明細書については、特許電子図書館の特許・実用新案
[2006/11/05 19:14] 弁理士の日々

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。