インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる :争点となった特許 プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる :争点となった特許ホーム > 訴訟・裁判関係 > インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる :争点となった特許

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる :争点となった特許

この記事は、インク詰め替えカートリッジ訴訟 エプソン敗れる の続きです。

 この裁判で争点となったのは、エプソン用インクカートリッジのインク出口の、インク供給針の外周に接してインクの漏れを防ぐ環状のシール材と,先鋭度の低いインク供給針でも簡単に挿通できるインク取り出し口に接着されたフィルムなどからなる特許。この特許そのものが今回の判決では無効であるとされたので、1月のキャノン・リサイクルアシスト裁判のときに争われた特許権の消尽知的財産権と省資源・環境保護のどちらが優先されるかといった点については踏み込むことを避けたようです。

 大雑把な説明をすると、一度販売されて使用された消耗品については製造に関する特許権は適用されないというのが特許権の消尽です。
 ところが、使用済みのインクカートリッジなどの空容器を元にしていても、、新たな製造に当たると判断された場合は製造に関する特許権が生きてきます。

 個人的な見解に過ぎませんが、もし仮に、新たな製造に当たると判断された場合でもインクをつめなおす作業だけなら問題の特許の部分は全くいじる必要がありません(過去の一部機種を除く)。特許に触れる可能性があるとすれば、出口のビニール幕を新品時と同様の材料と方法で貼りなおした場合ですが、最近のエプソンのプリンターの場合はインク出口に弁があります。だから、そんな膜はなくたって別に支障はないんですよね。ユーザーサイドで詰め替えする場合なんかは特に気にする必要もないでしょう。





[ 2006/11/04 15:19 ] 訴訟・裁判関係 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://inkmiyax.blog81.fc2.com/tb.php/3-54345126

再生カートリッジ訴訟,エコリカが勝訴の報道からすでに1週間経ちました。--以下引用--セイコーエプソンがインク・カートリッジの再生品における特許権侵害でエコリカを提訴していた裁判で,東京地方裁判所はセイコーエプソンの請求を棄却し,エコリカ勝訴の判決を下し
[2006/11/05 19:12] 弁理士の日々
2006年10月にエコリカがエプソンに勝訴して以来、エコリカを支持する人々が続々と増えてきました。 これからもエコリカは「人と地球に貢献します」を合言葉に日々努力を重ねていきます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。