話題の?ECI-CAMP500/BOXを使ってみた。 プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > 話題の?ECI-CAMP500/BOXを使ってみた。ホーム > リサイクルインク(Canon) > 話題の?ECI-CAMP500/BOXを使ってみた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

話題の?ECI-CAMP500/BOXを使ってみた。

さて、昨日のエントリーで書いたとおりに
エコリカ製リサイクルインクECI-CAMP500/BOX

の試用レポートです。

エコリカ7e+9リサイクルインク 箱から出すとこんな感じ。


エコリカ7e+9装着直前 ビニールを破ってL字型クリップを外すとこうなってます。まぁ、純正カートリッジをリサイクルしてるわけだから違っていたら変ですが。


iP7500フタを開けた iP7500のフタを開けてみました。今装着されているのは全て純正品なので、当然ですが識別ランプは全部点灯しています。


ECI-CAMP500in7500 BCI-9BK・7eBK/C/M/YをECI-CAMP500/BOXと交換しました。「ICチップ完全対応」を謳っているだけあって、識別ランプは全て点灯しています。

iP7500でエコリカを使ったときのステータスモニタ ステータスモニターで確認しても、インク残量はちゃんと認識されています。この状態で30枚ほどの年賀状印刷をしましたが問題は発生していません。この類のリサイクルインクでは、顔料インクであるはずの3e/9BKが染料インクで再充填されていることが良くありますが、ECI-CAMP500/BOXではきちんと顔料インクでリサイクルされています。取り急ぎ、装着レポートのみ。価格面とかの考察は、回を改めて掲載します。




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。