取り寄せたヘッドが不良品だったら? プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > 取り寄せたヘッドが不良品だったら?ホーム > 修理・保障関係とか > 取り寄せたヘッドが不良品だったら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

取り寄せたヘッドが不良品だったら?

このエントリーは、プリントヘッドの買える場所
との関連記事になります。

もし取り寄せたヘッドが不良品だったら?

 つい先日、業務で使用しているiP4100用に取り寄せたスペアのプリントヘッドが、取り付けた途端に煙を吹くという事件がありました。キャノンサポートにクレームを入れたところ、プリンターそのものが無償修理になり外装以外はほぼ新品になって戻ってきました。

 今回無償修理になったポイントは、キヤノンのサポートに連絡した際に下記の2点をはっきりと伝えられてことにあると思います。

1.問題のプリントヘッドは、オークション等ではなく販売店経由(今回は楽天市場のボイス)で入手したものであること。
2.取り付けた直後に発煙したのであるから、互換インクやインクの詰め替えとは関係がないこと。

「代わりのヘッドはすぐに出せますが、プリンター本体にダメージを与えている可能性もあるので無料修理で対応させてほしい」
とのことで、翌日クロネコヤマトが引き取りに来ました。

 修理に3日ほどと言われていて、回収されていったのが木曜日。翌週火曜日になっても音沙汰がないので、再度キヤノンのサポートにTEL
「修理に必要な交換部品の入荷が遅れていて、本日入荷しました。明日の発送になりますので、もうしばらくお待ちください」
との回答を得て、聞いた通りに木曜日に納品。都合1週間ですが、まぁ、こんなもんでしょう。

 修理票に記載の故障内容は、ヘッドの不具合とパージユニットの動作不具合。それに伴って交換された部品は、プリントヘッド/ロジックボード/キャリッジユニット/廃インク吸収体。3ヶ月間の修理保証期間がついています。





[ 2006/11/06 17:10 ] 修理・保障関係とか | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。