リサイクルインクのコストパフォーマンス(ECI-CAMP500/BOX の場合) プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > リサイクルインクのコストパフォーマンス(ECI-CAMP500/BOX の場合)ホーム > リサイクルインク(Canon) > リサイクルインクのコストパフォーマンス(ECI-CAMP500/BOX の場合)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リサイクルインクのコストパフォーマンス(ECI-CAMP500/BOX の場合)

BCI-7e・BCI-9BKを使用するプリンターをお持ちの皆様、お待たせしました。だいぶ日が経ってしまいましたが、エコリカ製リサイクルインクECI-CAMP500/BOX

のコストパフォーマンスについて検証してみます。・・・そこのあなた、お願いだから誰も待っていないなんて寂しい事を言わないで。
販売価格は概ね¥3980。ただ、年末以来地元の店頭には1個も並んどらんのはなんだかな(藁

 対抗する純正インクは、BCI-7e4色マルチパック(BK/M/C/Y)BCI-9BK1本。


BCI-7e4色マルチパック(BK/M/C/Y) の店頭価格が、地元では平均して¥4000弱なので、


BCI-9BK1本分の店頭価格¥1500前後位は安くなっていることになりますね。大まかな計算ですが、その差、約3割。

 純正品と、ECI-CAMP500/BOX を、品代以外は同じ条件で購入できるのであれば、「買い」だと思います。そのあたりについては、また後ほど。




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。