これで完成!iP4300用連続供給装置 プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > これで完成!iP4300用連続供給装置ホーム > インク連続供給システム > これで完成!iP4300用連続供給装置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これで完成!iP4300用連続供給装置

久方ぶりの更新となります。
更新をお休みしている間にも何件かお問い合わせをいただいた、iP4300用の連続供給装置ですが、今回掲載の形を持って一応「完成形」といたします。
iP4300連続供給装置 完成形
これまでの物からの変更点は2つ。

1.ホースの途中に、圧力調整器が入ったこと。

2.外部インクボトルのフィルターの代わりに、逆流防止弁が付いたこと。

特に大きな変更は、1.の圧力調整期の存在です。
圧力調整器
何のことはない、EPSON純正独立型カートリッジの加工品ですが、これに内蔵されているダイヤフラムが大きな働きをします。タンク側からどんなに圧力が掛かっても、ヘッド側が想定されている数値よりも低い圧にならなければインクを流しませんので、これまでのように外部タンクの液面やプリンターとの高低差に気を使わなくても良くなります。

 結果として、1枚目の写真のような設置が可能となります。また、ヘッド側からタンクへの逆流もしませんので、多少プリンターよりも低い位置への設置も可能と思われます。

2.の逆流防止弁ですが、
逆流防止弁
昼夜の温度差が大きな場所などで、外部タンク内の吸気が膨張すると空気穴のパイプをインクが上ってきてもれる例がいくつかありましたので、その防止用です。
 どこまで効果があるかは、実際のところ年間通して稼動させてみないとわかりませんが、少なくともないよりはましなはずです。

今のところ、受注生産です。納期は1週間ほど。6色用ユニットからの改造になりますので、外部タンクベースやゴムキャップの色は、必ずしも内容物たるインクとは一致しない場合があります。ボトル側面に色表示のシールを貼っておきますので、そちらにしたがってインクの補充をしてください。

因みに、外部インクタンクは、吸気パイプが下に伸びている写真のタイプと、タンク内部が100円ライターみたいに仕切られている物との2種類があります。どっちになるかは、指定できません。

 価格は¥11000で想定していますが、改造工程の圧縮などによるコストダウンが困難な場合は、値上げせざるを得ないかもしれません。

 ご注文は・お問い合わせは、メールフォームからお願いします。

iP4300の、最近の実売価格はこんなところか?
 

 NTT-X Storeだと、9/5現在¥11,602(送料込み)

(後で裏話でも追加しようかな?)
2枚目の写真の装置(ダイヤフラム?)の高さもあまり関係ないんですか?
お世話になった装置は今のところ絶好調で活躍してくれています!(とは言うものの、L版を10枚ほど印刷した程度ですが・・・
知らなかったのですが、私の所に設置していただいたのは最新型だったんですね~~
ありがとうございました。
[ 2007/09/05 19:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://inkmiyax.blog81.fc2.com/tb.php/78-283a6a26

本日もブラブラと暇に任せて様々なサイトを閲覧してて辿り着いたサイトです。 最近はPC改造系、パーツ改造系サイトはめっきり数が減ったような気がするのですが、探してみると面白いサイトはまだまだゴマンと存在しますね。 その中で一番インパクトの強かったのが以下の...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。