概ね完成。MP600用連続供給装置 プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > 概ね完成。MP600用連続供給装置ホーム > インク連続供給システム > 概ね完成。MP600用連続供給装置

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

概ね完成。MP600用連続供給装置

詳細は後ほど追記されます。取り急ぎ要点のみ。
 ホースの取り廻しにずっと悩んできたMP600連続供給化ですが、発想の転換で一応の完成を見ました。考え方によっては、iP4300とかの単機能プリンターよりも簡単かも知れない。

MP600連続1 写真中央でホースを吊る下げている透明なバーですが、何のことはない、30cmのアクリル/PET樹脂製定規です。20cmの目盛り右側にガムテープ等でホースを固定し、左右は均等になるように、前後は本体ない中段の段差のすぐ後ろに固定します。

MP600連続2 外部タンクへつながるホースは、本体内の段差に沿って右方向へ逃がします。

MP600連続3 そのまま蓋を閉めてOK。
 今回の写真は、極細のリボンホースを使ったタイプですが、通常の既製品改造型でも同様の配置で問題ないことは確認済みです。もっとも、長期的に見てどうなのかは納品先からの連絡待ちです。

 MP610でも内部構造にほとんど変更が無いことは、量販店の展示機の蓋を明けて見て来ていますので、恐らく同様に装着できるはずです。

 ですが、残念ながらMP500/MP800/MP830では、蓋の裏側にiP4300同様の仕切りがあるために今回の方法は使えません。iP4300に合わせて切り出したゲージに合わせてホースクリップを取り付ければ、装着可能過去とは前例があるとおりなんですが、面倒といわれればそのとおりですね。
この連続供給システムはどこで販売しているのですか?
[ 2008/01/13 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。