連続供給装置対応可能:iP3500/iP4500/MP610 プリンタのインク代を確実に安くする方法

プリンタのインク代を確実に安くする方法について、色々な角度から考察するサイトです。

ホーム > スポンサー広告 > 連続供給装置対応可能:iP3500/iP4500/MP610ホーム > 未分類 > 連続供給装置対応可能:iP3500/iP4500/MP610

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

連続供給装置対応可能:iP3500/iP4500/MP610

 あるお客様の協力を得て、連続供給装置のiP3500/iP4500・MP610への対応が確認できました。

 いずれの機種も、内部レイアウトは先代P3300/iP4300/MP600とほとんど変更ありません。プリントヘッドの改良等はあるものの、基本的に筐体デザイン変更程度のマイナーチェンジなんですね。


 いつまで続くのかは保証の限りではありませんが、今のところiP4300/MP600の最安値はAmazonのようです。AmazonではiP3500とiP4500に価格差がほとんどないので、現状でiP3500を選択する利点があるかどうか微妙ですが、iP3500についてはAfrecceエーフレッチェ楽天市場やECカレントでは¥1000~¥1500程度安いものもあるようです。

 肝心の連続供給装置ですが、一部に設計変更の必要が出てiP4300用などが販売休止になっています。年明けには販売再開できるように改良に励んでいますが、取り付け説明書の作成がもう少しかかりそうです。

 連続供給装置のご注文は・お問い合わせは、メールフォームからお願いします。
[ 2007/12/28 13:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。